B型的読書

書庫が欲しいこのごろです

アーカイブモード [2007年01月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

  • --.--.-- 
  • TB(-) |
  • CO(-) 

『孤島パズル』 有栖川有栖

孤島パズル有栖川 有栖 (1996/08)東京創元社 この商品の詳細を見る南の海に浮かぶ嘉敷島に十三名の男女が集まった。英都大学推理研の江神部長とアリス、そしてマリアも島での夏休みに期待を膨らませる。折悪しく台風が接近し全員が待機していた夜、風雨に紛れるように事件は起こった。滞在客の二人がライフルで撃たれ、無残にこときれていたのだ。無線機が破壊され連絡線もあと三日間は来ない絶海の孤島で、新たな犠牲者が……。犯人...

『ナ・バ・テア』 森博嗣

ナ・バ・テア森 博嗣 (2004/06)中央公論新社 この商品の詳細を見る信じる神を持たず、メカニックと操縦桿を握る自分の腕だけを信じて、戦闘機乗りを職業に、戦争を日常に生きる子供たち。地上を厭い、空でしか笑えない「僕」は、飛ぶために生まれてきたんだ―大人になってしまった「彼」と、子供のまま永遠を生きる「僕」が紡ぐ物語。私的評価:★★★☆☆スカイ・クロラシリーズの二作目。真っ赤な夕焼けの表紙にふさわしい内容。相変わ...

『キッチン』 吉本ばなな

キッチン吉本 ばなな (1998/06)角川書店この商品の詳細を見る家族という、確かにあったものが年月の中でひとりひとり減っていって、自分がひとりここにいるのだと、ふと思い出すと目の前にあるものがすべて、うそに見えてくる―。唯一の肉親の祖母を亡くしたみかげが、祖母と仲の良かった雄一とその母(実は父親)の家に同居する。日々のくらしの中、何気ない二人の優しさにみかげは孤独な心を和ませていくのだが…。世界二十五国で翻...

『哀しい予感』 吉本ばなな

哀しい予感吉本 ばなな (1991/09)角川書店 この商品の詳細を見る弥生はいくつもの啓示を受けるようにしてここに来た。それは、おばである、ゆきのの家。濃い緑の匂い立ち込めるその古い一軒家に、変わり者の音楽教師ゆきのはひっそりと暮らしている。2人で過ごすときに流れる透明な時間。それは失われた家族のぬくもりだったのか。ある曇った午後、ゆきのの弾くピアノの音色が空に消えていくのを聴いたとき、弥生の19歳、初夏の...

『ターン』 北村薫

ターン北村 薫 (2000/06)新潮社 この商品の詳細を見る 真希は29歳の版画家。夏の午後、ダンプと衝突する。気がつくと、自宅の座椅子でまどろみから目覚める自分がいた。3時15分。いつも通りの家、いつも通りの外。が、この世界には真希一人のほか誰もいなかった。そしてどんな一日を過ごしても、定刻がくると一日前の座椅子に戻ってしまう。ターン。いつかは帰れるの?それともこのまま…だが、150日を過ぎた午後、突然、電話が鳴っ...

『τになるまで待って』 森博嗣

τになるまで待って森 博嗣 (2005/09/06)講談社 この商品の詳細を見る森林の中に佇立する《伽羅離館》。超能力者神居静哉の別荘であるこの洋館を、7名の人物が訪れた。雷鳴、閉ざされた扉、つながらない電話、晩餐の後に起きる密室殺人。被害者が殺される直前に聴いていたラジオドラマは『τになるまで待って』私的評価:★★★☆☆Gシリーズ第三弾です。G三人組のやりとりはすごく好きなんだけど、事件として考えるとう~ん、不完全燃焼...

『θは遊んでくれたよ』 森博嗣

Θ(シータ)は遊んでくれたよ森 博嗣 (2005/05/10)講談社 この商品の詳細を見る飛び降り自殺とされた男性死体の額には「θ」と描かれていた。半月後には手のひらに同じマークのある女性の死体が。さらに、その後発見された複数の転落死体に印されていた「θ」。自殺?連続殺人?「θ」の意味するものは?N大病院に勤める旧友、反町愛から事件の情報を得た西之園萌絵らの推理は……。私的評価:★★★☆☆Gシリーズ第二段!一作目と同じく、Gシ...

『φは壊れたね』 森博嗣

Φは壊れたね森 博嗣 (2004/09/10)講談社 この商品の詳細を見るおもちゃ箱のように過剰に装飾されたマンションの一室に芸大生の宙吊り死体が!現場は密室状態。死体発見の一部始終は室内に仕掛けられていたビデオで録画されていた。タイトルは『φは壊れたね』。D2大学院生、西之園萌絵が学生たちと事件の謎を追及する。森ミステリィ、新シリーズいよいよ開幕!!私的評価:★★★☆☆う~ん、本当は星4つでもいいんだけど、これを星4つ...

買った☆

ηなのに夢のよう森 博嗣 (2007/01/12)講談社 この商品の詳細を見る「すべてがFになる」から約2ヶ月…やっとここまで来ました感動(´囗`。)なんだか裏表紙の紹介と登場人物から察するに、なんだかスゴイことになりそうなヨカン…じっくり読みます...

『月光ゲーム Yの悲劇'88』 有栖川有栖

月光ゲーム―Yの悲劇’88有栖川 有栖 (1994/07)東京創元社 この商品の詳細を見る夏合宿のために矢吹山のキャンプ場へやってきた英都大学推理小説研究会の面々―江神部長や有栖川有栖らの一行を、予想だにしない自体が待ち構えていた。矢吹山が噴火し、偶然一緒になった三グループの学生たちは、一瞬にして陸の孤島と化したキャンプ場に閉じ込められてしまったのだ。その極限状態の中、まるで月の魔力に誘われでもしたように出没する殺...

『スカイ・クロラ』森博嗣

スカイ・クロラ森 博嗣 (2001/06)中央公論新社 この商品の詳細を見る僕は戦闘機のパイロット。飛行機に乗るのが日常、人を殺すのが仕事。二人の人間を殺した手でボウリングもすれば、ハンバーガも食べる。戦争がショーとして成立する世界に生み出された大人にならない子供(キルドレ)――戦争を仕事に生きる子供たちの寓話私的評価:★★★★☆(★5つで満点)森さんのスカイ・クロラシリーズ。今は4作目まで出ています。まず、本の装丁...

『すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER 』森博嗣

すべてがFになる森 博嗣 (1996/04)講談社 この商品の詳細を見る「孤島のハイテク研究所で少女時代から完全に隔離された生活を送る天才工学博士・真賀田四季。彼女の部屋からウエディング・ドレスをまとい両手両足を切断された死体が現れた。偶然、島を訪れていたN大助教授・犀川創平と女子学生・西之園萌絵が、この不可思議な密室殺人に挑む。新しい形の本格ミステリィ登場」講談社文庫裏表紙より私的評価:★★★★★(★5つで満点)S&...

篠田真由美の建築探偵シリーズ

未明の家篠田 真由美 (2000/01)講談社この商品の詳細を見る上はシリーズ第一作目の「未明の家」シリーズと通してサブタイトルは「建築探偵桜井京介の事件簿」京介が、仲間たちともにいろんな事件にまきこまれます。探偵でもなんでもないのに、結局事件を解決することになってしまいますしかし視点は京介だけではなく、京介の助手“蒼”、京介の親友“深春”、“神代教授”と物語ごと、本ごとにうつりかわります。むしろ京介視点って少な...

字、字、字…

最近は暇さえあれば本を読んでる私ですが、ちょっと前まではかなりの活字嫌いでした。新聞自体を視界に入れるのが嫌なくらい(相当だ)中学、高校、大学と漫画ばっか読んでましたでも、実際どれくらいの人が読書ってしてるんだろう?電車の中で本を読んでる人けっこうみかけるけど、活字は離れとかいうからあまり読書人口は多くないのかな本を読むのには漫画の数倍くらい時間かかるし、ゲームとかテレビとかネットとか、他におもし...

有栖川有栖

「日本のエラリークイーン」有栖川有栖さん可愛らしい名前ですが、男性です☆作品ももちろん好きですが、"有栖川先生自身"を愛しております(はずらかしい☆)とっても優しい方です。あとがきからはもちろん、作品からも先生の性格のすばらしさがにじみでているのがわかります。その文章は優しいだけじゃなくてクールな上にせつなさも混合しておりますある日、友人二人が話していました友人A「有栖川有栖読んだ~?○△■$ってめっちゃ...

森博嗣

「すべてがFになる」で第一回メフィスト賞を受賞元工学部の助教授で、理系の作家さんですミステリだけに留まらず、絵本など、さまざまな著書がありますその数100以上だとか!ずっと気になっていた作家さんでありました「もり、ひろ…この"嗣"ってなんて読むんだろう?」("し"です)「すべてがFになるっていったいなにがFになるんだろうか…」「すべてがFになる」「冷たい密室と博士たち」「笑わない数学者」…と読むめっちゃツボだっ...

ブログはじめよう

はじめまして~♪いろいろなブログを試してみましたが、やっぱりここFC2がいちばんいいんじゃないかという結果になり、どうやらここに落ち着きそうですつかれた~┐(´д`)┌ 前にもFC2でブログをちょこっとやってて、結局元の場所に戻ってきたというか読書記録とか気ままに書いていきたいです...

左サイドメニュー

最近の記事

ブログ内検索

プロフィール

Author:ときわ

カウンター

カレンダー(月別)

01 ≪│2007/01│≫ 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。