B型的読書

書庫が欲しいこのごろです

アーカイブモード [2009年01月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

  • --.--.-- 
  • TB(-) |
  • CO(-) 

奥様はネットワーカ

奥様はネットワーカ(2002/07)森 博嗣商品詳細を見る★★★☆☆絵がとてもカワイイですねしかし、なかなか内容はシリアス?でしたこのカワイイ絵で中和されてる感じが良かったですね森さんだから、ぜったい何かあるはず…と思いながら読んでましたが、これは想像もしなかったことが章が登場人物でないところはなんだか難解だったのでほとんど読み飛ばしましたが(笑)森さんてグロテスキーな表現をされないのですきです...

数奇にして有限の良い終末を 森博嗣

数奇にして有限の良い終末を(2004/04/23)森 博嗣商品詳細を見る★★★★☆ぽはあ!脅威的な速さで読み進めました、森先生の日記シリーズモリログアカデミイが近所の本屋にないんだよなあ…うむむエッセイってなかなか面白いんですね有栖川先生のエッセイを今度は借りて読もうプロ野球(阪神)の話が多くて、買うのためらってたんだよねえ(笑)...

封印サイトは詩的私的手記 森博嗣

封印サイトは詩的私的手記―I Say Essay Everyday (幻冬舎文庫)(2003/08)森 博嗣商品詳細を見る★★★★☆はてさて、勢いにのって3冊目。森さんの特殊な日記にも慣れてきました。この本を手にした皆さんは平均的ではない。限られた人だ。「いや、自分はそんな人間ではない」と首をふっても駄目だ。もうあなたは、とことん森博嗣が好きな人か、あるいは、どうにも森博嗣だけは許せない、というアンチか、のいずれかである。え~と、私は...

毎日は笑わない工学博士たち 森博嗣

毎日は笑わない工学博士たち―I Say Essay Everyday (幻冬舎文庫)(2002/08)森 博嗣商品詳細を見る★★★★☆いや~長いタイトルww東方神起の23thシングルに迫るいきおい私が森さんののこシリーズに手を出さなかったのはこの難解な長いタイトルのせいもあるような気がしてきた。もちろん、今まで出たタイトルをつなぎ合わせただけっていうのはわかってるんだけどだってさ~あんまり「面白そうだな」って思わないじゃない…あ、あと表紙の絵...

すべてがEになる 森博嗣

すべてがEになる―I Say Essay Everyday (幻冬舎文庫)(2001/12)森 博嗣商品詳細を見る★★★★☆あ~面白かった!エッセイ(日記だけど)って何にも考えずに読めるんですね~夜は23時まで、朝は6時からでも読めちゃいましたよ。これと同じようなのがあと数冊(モリログアカデミも含めればもっとたくさん)あるんだよね~うっひゃ~今までなぜ手をつけなかったというと、まあ…あんまり面白そうじゃなかったから\(^o^)/ぜんぜん俗っぽい...

100人の森博嗣

100人の森博嗣 100 MORI Hiroshies (ダ・ヴィンチ・ブックス)(2003/03/28)森 博嗣商品詳細を見る★★★★★あれ、水柿くんがいるよ(笑)てなかんじで。Vシリーズの解説から始まりますが、未読の人は絶対に読まないほうがよいです。Vシリーズってs&mシリーズのかねあいを解き明かすのが最大の面白さなのに、ここではさらっと答えをいっちゃってるようなもんだからねえ…ちなみにVシリーズで「もしや…」と私が気づいたのはいつ頃だ...

森博嗣のミステリィ工作室 森博嗣

森博嗣のミステリィ工作室 (ダ・ヴィンチブックス―ダ・ヴィンチミステリシリーズ)(1999/03)森 博嗣商品詳細を見る★★★★★あ~、私って森さんのこと知っているようで何にも知らないんだなあ、と思った「本は読みません」と言っている森先生だけれども、ナントコドッコイ、読んでます海外ミステリなんてそこらのミステリファンよりずっと読み込んでらっしゃるのではないでしょうか。私は海外ものが日本ものに比べるとあまりスキではな...

幻惑の死と使途 森博嗣

幻惑の死と使途 (講談社ノベルス)(1997/10)森 博嗣商品詳細を見る★★★★★冴えてる!冴えてるよ犀川先生!!一段と犀川先生がパワーアップ(それともパワーダウン?)しているように感じるのは私だけでしょうか。やはり、前回萌絵ちゃんにコテンパン(古)にされたのが効いたのでしょうかね。舞台としてはけっこう派手ですね、マジックショーですからね。...

詩的私的ジャック 森博嗣

詩的私的ジャック (講談社ノベルス)(1997/01)森 博嗣商品詳細を見る★★★★☆…やっぱり犀川先生がいないと寂しいなあ(泣)犀川先生は出張に行っていて、しばらく出てきません。ぜんぜん出てきません。そんで帰ってきて、ひょいひょいとナゾを解いてしまいます。しかしその分萌絵ちゃんの犀川先生スキスキ攻撃がすごい。追い討ちってやつだ。これは必見。工学部の学生の大変さがよくわかる回かといや~えらいなあ。わたしなんて最後の...

『冷たい密室と博士たち』 森博嗣

冷たい密室と博士たち (講談社ノベルス)(1996/07)森 博嗣商品詳細を見る★★★★★やっぱすきだああああああああああああああ森先生の執筆第一作であります。最初からうおう理系!!であります。しょっぱなから微積の会話ですか。おみそれしました。微分積分ってさ~あれだよね、nの値が限りなくナントカに近づくときナントカカンタラみたいなかんじだよねわたし、高校から数学は大の嫌いになりましたが、微分積分だけはなんだか論理が...
  • 2009.01.28 
  • TB(-) |
  • CO(-) 

これから読みたい本

スカイ・クロラ(2001/06)森 博嗣商品詳細を見るスカイクロラシリーズ。途中になったまま。確かダウンツヘブンまで読んだ気が…ていうかいつのまにかさりげなくスカイ・クロラが最終巻になってる!あくまでさりげなくというか森さんの著書は少し未読が残ってるのでつぶしにかかります・カクレカラクリ・奥様はネットワーカ・銀河不動産あたりいってみようか図書館戦争(2006/02)有川 浩商品詳細を見る図書館シリーズ。図書館で借りら...
  • 2009.01.28 
  • TB(-) |
  • CO(-) 

「ウエハースの椅子」 江國香織

ウエハースの椅子 (ハルキ文庫)(2004/05)江国 香織商品詳細を見る★★★☆☆濃いミステリばかり読んでいたので、たまには薄いものを…と思って、これです。友達が、「気分が沈んでるときに読む」って言ってたなあ…余計に沈むってば(笑)エクニさんは、う~ん、透明なガラスのようなかんじだよね意味がなさそうで、意味がある。ありそうで、意味はない?ひたすら日常を書いてるだけです。けどなんか、どこかおしゃれなんだよね表紙とタイ...
  • 2009.01.21 
  • TB(-) |
  • CO(-) 

『笑わない数学者』 森博嗣

笑わない数学者 (講談社ノベルス)(1996/09)森 博嗣商品詳細を見る★★★★★…やっぱり森先生って天才だと思うそれとも、理系の大学の助教授の方ってみんなこんな感じなのでしょうか?でも、こんなふうに文章にして、エンタテイメントにできるのは森さんだからこそでしょうね、きっとオリオン像のトリックはカンタンですが、そこで「勝った!」と思ってはいけません。わざとカンタンにしてあるのです。そしてそれに気づいた人だけが嵌っ...
  • 2009.01.18 
  • TB(-) |
  • CO(-) 

『ハリー・ポッターと賢者の石』

ハリー・ポッターと賢者の石 (1)(1999/12)J.K. ローリング商品詳細を見る★★★★☆ハイ、有名でも有名すぎる、ハリポタでございます。読まず嫌いだったんですよね~まず、翻訳物ってカタカナの名前がわずらわしいし、考え方は日本人と違うしであんまり読まないんですよね。児童書も読んだことないし。しかも世界中の人が読んでるし、じゃあ私は読まなくていっか(笑)なんて思ってましたが、私の超尊敬する読書家の友達が「ハリポタを...
  • 2009.01.18 
  • TB(-) |
  • CO(-) 

『封印再度』 森博嗣

封印再度 (講談社ノベルス)(1997/04)森 博嗣商品詳細を見る★★★★☆やっぱ森さん最高!!萌絵&犀川先生シリーズ5作目ですね。スイマセン、順番どおりじゃなくてありがたいことに会社も閑散期に入り、ありがたいことに毎日かなり暇なので、今持っている本を再読し始めました。ありがたいこっちゃ…本を読む時間があるってことは本当にありがたいことです確か、この封印再度が一番面白かった記憶があったので、これを読み始めてみまし...
  • 2009.01.18 
  • TB(-) |
  • CO(-) 

左サイドメニュー

最近の記事

ブログ内検索

プロフィール

ときわ

Author:ときわ

カウンター

カレンダー(月別)

12 ≪│2009/01│≫ 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。