B型的読書

書庫が欲しいこのごろです

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『孤島パズル』 有栖川有栖

孤島パズル 孤島パズル
有栖川 有栖 (1996/08)
東京創元社

この商品の詳細を見る


南の海に浮かぶ嘉敷島に十三名の男女が集まった。英都大学推理研の江神部長とアリス、そしてマリアも島での夏休みに期待を膨らませる。折悪しく台風が接近し全員が待機していた夜、風雨に紛れるように事件は起こった。滞在客の二人がライフルで撃たれ、無残にこときれていたのだ。無線機が破壊され連絡線もあと三日間は来ない絶海の孤島で、新たな犠牲者が……。犯人はこの中に!?



私的評価:★★★★☆(5つ星に限りなく近い4つ星)

有栖川有栖学生編第二作目です!

トーキョーは冬真っ最中ですが、私の脳内はただ今常夏の島です。アリスになって江神さんとマリアと宝さがししてました。ふ~、つかれた。Bonnie Pinkの「The perfect sky」が流れてます。君のむね~で泣っかない~♪

一言でいうなら、まさにロマン

島にはお宝が眠っているのです!
そして夜になるとまるで宇宙を漂っているかのように感じられる島…
是非この島で何千ピースものパズルにとりくみたいですね。パズル大好きです☆アタマが硬いので、ただ黙々とやるパズルが好き

しっかしアリスってこんなに毒舌キャラだったっけ(笑)まあマリアの親戚がみんな変わり者っていうのもあるんだけど、マリアにもいろいろとつっかかったりとか、セクハラ発言も少々。おだやか作家アリスしか最近読んでなかったので、彼の若さが目にしみます(学生アリスと作家アリスは別人、ということになってます)

でも大学生三人、で青春モード全開!っていうのじゃないからいい。私は明らかに青くてすっぱい青春ものとかってダメなので…自分があまり青春してないからかもしれないこの学生編は、どこかお洒落なんですよ、年長者が一人いるからかもしれませんが(笑)みんな賢くて、大人っぽくて、理想の大学生たちだと思います

前作の月光ゲームほどじゃないですけど、またまた登場人物が少々複雑…義理の兄弟とか養子とか?わからなくてもあまり関係ないけど、私は家系図を書いて読みました


創元推理文庫版の最後光原百合さんによる解説は江神さんスキーヤーにはたまらない内容なのですが、どうかまだ読まないでください

なんと第三作目、「双頭の悪魔」のネタバレがあるんです!しかもかなり重要な!
解説は三作目を読んだ後にしましょう!じゃないとかなり後悔するかも…!?私は解説はあまりよく読まないほうなので、無事でした
ちまたではけっこう有名な話


やっぱり殺人事件なんだけど、有栖川さんはどこか優しくてせつない…





江神さんスキーによるネタバレありの感想は続きからどうぞ☆



注!!ここからネタバレあります



################################################################






いやまさかあの人が犯人だったとは…
一番怪しくない人じゃないですか!
トリックも自転車、地図、ボート、パズルのピース、といろんなものから導き出されていて、さすがというしかありません

みなさんは犯人あてとか、読者への挑戦って挑んだりするのでしょうか?私は、犯人あてとかしたことありませんねえ…もしやこの人では?!なんて思ったこともないと思う。あったとしても全部ハズレ

もちろん犯人やトリックも気になるんだけど、有栖川作品は本格ミステリでもその背景や人間のストーリーも楽しめるところがすごいところ。今回はやっぱりアリスとマリアの微妙な友達関係と、なんといっても江神さんの魅力につきるでしょう。なんであの人はあんなにカッコイイんだ!?アリス、一緒の部屋で寝られていいなあ…台風でも殺人でもなんでもいいから私は江神さんと一緒の部屋がいいです

江神さんて哲学科で一体何の勉強してるか気になりません?私は哲学っていうとアリストテレスとプラトンくらいしか思いつかないんですが…

霊力が宿るから、といって髪を切らない江神さん、部屋にアフリカゾウを押し込む江神さん…嗚呼(´・ω・)

さてさて、なぜ五つ星じゃないかというと、理由をあえて探すならマリアの親戚たちにあんまり感情移入できないことと、宝がからっぽだったってところですかね(泣)
月光ゲームは大学生、双頭の悪魔は変わった芸術家、ということで脇役も魅力的なんですけど、今回の脇役は結構普通の大人たち。私が一番共感できたのは和人さんかもしれない…??


宝もなあ~どんなのが眠ってるかと期待してたんだけどなあ…残念

マリアも親戚同士であんなことになってしまって、本当にかわいそうです。なんだかマリアが幸せで終わらないので哀しくなってしまうんですけど、そこで「双頭の悪魔」です!二作目、三作目は二つで一つと考えてもいいと思います


優雅な生活。
現実への復讐。
江神君はそう言ったが、それは奇妙。彼は小生ではなく、自らのことを語っているかのごとし。












スポンサーサイト

コメント

 

はじめまして^^

すと と申します。

ブログアフィリエイトの支援サイトをはじめたので
ご挨拶周りさせていただいてます~♪

まだまだ情報は少ないサイトですが、
よろしくお願いします^^

また、ゆっくり拝見させて頂きに参ります~^^
  • すと@ブログ支援 
  • URL 
  • 2007年01月31日 23時13分 
  • [編集]

こんばんわ 

先日はコメントありがとうございました。「孤島パズル」私も以前読みました。
今日久々に図書館へ行けたのですが、早速この間教えてもらった森博嗣さんを!たくさんあってどれにしようか悩んでしまったのですが、とりあえず4冊ほど借りてきました。まだ1冊目を読み始めたところなのですが、今までにあまり見ないスタイルで面白いです。ありがとうございました。

ときわです 

>>すずのねさん
こんにちは~すずのねさんのサイトに行ってみたら森さんの本のレビューが4冊あって驚きました☆しかも全部私が読んだことないものでしたよ~これから読んでみようと思ってます(^◇^)楽しんでいただけたらすごくうれしいです♪♪
  • ときわ 
  • URL 
  • 2007年02月06日 15時55分 
  • [編集]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

最近の記事

ブログ内検索

プロフィール

ときわ

Author:ときわ

カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。