B型的読書

書庫が欲しいこのごろです

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ターン』 北村薫

ターン ターン
北村 薫 (2000/06)
新潮社

この商品の詳細を見る
 

真希は29歳の版画家。夏の午後、ダンプと衝突する。気がつくと、自宅の座椅子でまどろみから目覚める自分がいた。3時15分。いつも通りの家、いつも通りの外。が、この世界には真希一人のほか誰もいなかった。そしてどんな一日を過ごしても、定刻がくると一日前の座椅子に戻ってしまう。ターン。いつかは帰れるの?それともこのまま…だが、150日を過ぎた午後、突然、電話が鳴った。



私的評価:★★★★★(満点!)

これは…衝撃でした。時間も忘れて読みました。こういう不思議系な話をもっとたくさん読んでみたいんだけど、他にないかなあ

時間が戻ってしまう話。どこかで聞いたことがある話だけど、自分以外誰もいない世界っていうのが新しい。事件が起こる前はちょっとたいくつなんだけど、ターンしてしまう世界にきてからはドキドキの連続。スキップ、ターン、リセットと三つで有名だけど、一つ一つは独立しているみたいなのでこれ一つで楽しめます

あなただったらこの不思議な世界で何をしますか?



ネタバレありの感想は続きからどうぞ



注!!ここからネタバレあります



################################################################




おもしろいんだけど、すごく怖かった
読み終えて、改めて現実の世界をしげしげと確認。時間が止まってなくてよかったあ…

ただでさえ自分ひとりの世界、戻れるかもわからない怖い状態なのに、あんな怖い男が出てきたらもう限界…柿崎君は本当に怖かった。良い人だったらどんなに嬉しかったかもしれないのに

でも、一ヶ月くらいで帰ってくる保障があれば、是非行きたい世界。まず、主人公のように本を読みまくる。できるだけ遠くまでドライブする。でも交通手段は車しかないわけだから、行けても日本から出られないんだよね。せめて飛行機だけでも動いててくれれば。でも帰りの心配をしなくていいっていうのはすごくいいよね

でもやっぱり残しておけるものが自分の記憶のみっていうは苦しい。日記もつけられないし。もし実際にターンをしている人がいたなら、私の家には是非こないでください、腐海に沈んでますから


スポンサーサイト

コメント

 

こんばんは。

この小説は読んだことがありませんが、時間が繰り返す漫画は読んだことがあります。
D-グレじゃないですよ。町全体がそうでね、その日死ぬ人は毎日薬を飲んで苦しまずに死んだり…。何年も続く毎日に、最初荒れていた人たちも諦めてその事実を忘れたり…。そんな作品でした。

かなり興味を魅かれる作品ですね。評価満点だし、読んでみたいと思います。
  • 猫まんま 
  • URL 
  • 2007年01月28日 02時14分 
  • [編集]

ときわです 

>>猫まんまさん
D-グレって時間が繰り返すんですか!おもしろそうですね~私はアレンとリナリーとラビ(名前違ってるかもしれない…)っていう人が出てくるっていうことしか知らないんですけど、読んでみようかな♪やっぱり人間て適応能力に優れているから、繰り返すんだったら繰り返すで慣れて普通に生きることができてくのかもしれませんね(`・ω・´)もしかしたら記憶が消去されていて気づかないだけで、私も実は同じ時間をぐるぐる回っているかもしれないし…保障はどこにもないですよね…あ~最近だいぶ思考回路が森さんに影響されてるなあ(^_^.)
  • ときわ 
  • URL 
  • 2007年01月28日 17時01分 
  • [編集]

 

こんにちは。訪問リスト辿ってきました。
ときわさんの感想を読んだら、読んでみたくなりました。
面白そうですね。怖いというのは、どんな怖さなのでしょう?安部公房の「砂の女」みたいな、得体の知れない怖さなのでしょうか?興味湧きます。
  • homy 
  • URL 
  • 2007年01月28日 17時42分 
  • [編集]

ときわです 

>>homyさん
こんにちは~コメントありがとうございます(*^^)
ごめんなさい、「砂の女」は読んだことないのでわからないんですけど、やっぱり元の世界に永遠に戻れないかもしれない、っていうのが一番怖かったですね(>_<)自殺してもまた生き返って繰り返すだけかもしれないし…終わりがないっていうのは救いようがないですよね(;_;)
  • ときわ 
  • URL 
  • 2007年01月28日 20時59分 
  • [編集]

こんばんは 

ごめんなさい、説明不足でした。D-グレ(少年ジャンプ掲載)の逸話の中に、そういうストーリーがあったんです。
時間に作用するイノセンスっていうのがあって、その影響だったんですけど。
D-グレの中のほんの一部分です。
  • 猫まんま 
  • URL 
  • 2007年01月28日 21時26分 
  • [編集]

ときわ 

>>猫まんまさん
そうなんですか!詳しくありがとうございます(*^^)v
  • ときわ 
  • URL 
  • 2007年01月28日 23時50分 
  • [編集]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

最近の記事

ブログ内検索

プロフィール

ときわ

Author:ときわ

カウンター

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。