B型的読書

書庫が欲しいこのごろです

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『哀しい予感』 吉本ばなな

哀しい予感 哀しい予感
吉本 ばなな (1991/09)
角川書店

この商品の詳細を見る


弥生はいくつもの啓示を受けるようにしてここに来た。それは、おばである、ゆきのの家。濃い緑の匂い立ち込めるその古い一軒家に、変わり者の音楽教師ゆきのはひっそりと暮らしている。2人で過ごすときに流れる透明な時間。それは失われた家族のぬくもりだったのか。
ある曇った午後、ゆきのの弾くピアノの音色が空に消えていくのを聴いたとき、弥生の19歳、初夏の物語は始まった



私的評価:★★★★★

舞台にもなっていいるみたいで、最近注目の一冊。吉本ばななさんの本を一番最初に読んだのがこの作品でした。江國香織とか村山由佳とかは読んだことあったんだけど、吉本ばななだけはなんとなく、名前で惹かれなかったかも。だって、ばななでしょう?おいしいけど、う~んばななかあ…

でも友達にすすめられて、100円で売ってたし、読んでみました
「哀しい予感」なんて、まさに私好みの切なさあふれたタイトル

…ばななさん、ばななばななとか言って本当にすみませんでした!!(ジャンピング土下座)

切ない、切なさ満載。ため息が出ます。100円なんてもったいない
しかもばななっていうのは実じゃなくて花のことらしいですね







注!!ここからネタバレあります

#################################################################






タイトルは「哀しい予感」だけど、そんなに哀しくなかったかもしれない。むしろ「嬉しい予感」?。ゆきのは本当の姉だってことがわかったし、義理の弟とも思いが通じ合うし
ゆきのの生き方には惹かれるものがあります

終わり方は「えっ、これで終わり?」っていうかんじだったけど…


なんといっても哲生くんが良い!私も弟が欲しいといつも思っているので…まあ、でも現実的に妹でよかったって思ってるんだけど(どっちだ

可愛い弟もいいんだけど、大人っぽくて頼れる弟が欲しい。弟がいる人とかにいつも

「いいなあ~弟いて!!一つ屋根の下にいつも一緒にいてドキドキしたりしないの?」って言うと、

「はあ?するわけないじゃん…むしろウザい!父親にドキドキしないのと同じだよ。ありえない」


え~そうなの?
確かに、自分の分身の男バージョンを想像してみると…キモイな

なんか、弟談義になっちゃってすいません



スポンサーサイト

コメント

リンクお願い 

こんばんは。
はじめまして。
雨宮千歳と申します。『積読本が多すぎる』というブログ(読書感想文/日記)を営んでいます。
事後承諾になってしまうのですが、リンクを張らせていただきました。
おなじ読書仲間どうし仲良くしてやってください。
それでは短いですが、失礼します。

ちなみに、わたくし、森博嗣の本では『ミチル&ロイディ』のシリーズが好きです。加部谷も好きです。が一番気になるのは萌絵と犀川の行方。C大の三人もシリーズが進むにつれ好きになっていきました。

それではよろしくお願いします。
乱文失礼いたしました。
  • 雨宮千歳 
  • URL 
  • 2007年01月28日 23時17分 
  • [編集]

ときわです 

>>雨宮千歳さん
はじめまして!リンク&コメントありがとうございます(^^私もリンクさせていただきます~よろしくお願いします★
私も買っただけで読んでない本、たくさんあります…今20冊はたまってますね(^_^.)でも一種のコレクションとして満足してます(笑)
私もミチル&ロイディのシリーズ大好きです!今一番アツいかもです。S&Mの二人も気になりますよね~また語りあいましょう♪♪
  • ときわ 
  • URL 
  • 2007年01月29日 00時01分 
  • [編集]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

最近の記事

ブログ内検索

プロフィール

ときわ

Author:ときわ

カウンター

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。