B型的読書

書庫が欲しいこのごろです

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『黄昏の百合の骨』 恩田陸

黄昏の百合の骨 (講談社文庫 お 83-5)黄昏の百合の骨 (講談社文庫 お 83-5)
(2007/04/13)
恩田 陸

商品詳細を見る


強烈な百合の匂いに包まれた洋館で祖母が転落死した。奇妙な遺言に導かれてやってきた高校生の理瀬を迎えたのは、優雅に暮らす美貌の叔母二人。因縁に満ちた屋敷で何があったのか。「魔女の家」と呼ばれる由来を探るうち、周囲で毒殺や失踪など不吉な事件が起こる。将来への焦りを感じながら理瀬は―。



私的評価:★★★☆☆

「麦の海」シリーズですね!
「麦の海」が好きなので読んでみました。友達は麦の海より面白いよ!
と言っていたので

う~ん、期待しすぎたかなあ?私は「麦の海」の方が好きです。
いわくのある洋館なんだけど、けっこう普通の家に見えてしまって…
緊迫した場面もあるんだけど、なんか字を追っているかんじで、いまいち緊張しなかった
というか…??
ほかの恩田さんの本もぱらぱらと見てみたのですが、どうやら恩田さんの文は私に合っていないかもしれないと気づいた!なんだろ?私は流れるように読める文が好きです。
恩田さんの文は、なんというか堅くてつまっているかんじの文なので、一文でも気をぬけないというか…

また修行して恩田さんにはチャレンジしたいと思います!!



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

最近の記事

ブログ内検索

プロフィール

ときわ

Author:ときわ

カウンター

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。