B型的読書

書庫が欲しいこのごろです

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『そして二人だけになった』 森博嗣

そして二人だけになった―Until Death Do Us Part そして二人だけになった―Until Death Do Us Part
森 博嗣 (2002/11)
新潮社

この商品の詳細を見る


全長4000メートル、世界最大級の海峡大橋を支える巨大なコンクリート塊“アンカレイジ”。その内部の《バルブ》と呼ばれる空間に、 科学者、医者など6名が集まった。通信システムが破壊され、「完全密室」と化した《バルブ》内で起こる連続殺人!最後に残ったのは、盲目の天才科学者と彼のアシスタントだった



私的評価:★★★☆☆


こ、これは…すごく面白かったです、真ん中あたりまでは…(汗)

クリスティの「そして誰もいなくなった」からきているようですね。しかし設定は森さんらしく理系!論理から残った人間を犯人だと証明するなんて、斬新。やはり一人一人いなくなってしまうのは怖い…そこに大人の恋愛なんかもまじってきて、なにやらドギマギしました。天才科学者が出てくるのですが、シリーズの四季とはまた一味違った天才

でもその後は、まあなんか総合するといろいろあって、ちょっと???

しかし、森さんにはやっぱりかなわないな、と思いました




ネタバレありの感想は続きからどうぞ




注!!ここからネタバレあります



#################################################################







えっ、実はすべて犯人の妄想だった…???ま、まじですか…??

うう~ん、その前で終わらせてたら普通のミステリだったのに、見事にぶちぬいてしましました(^_^.)

が!!
そこが森さんのすごいところかなあ~と
やっぱ、他の人とは違うよ森さん

これからも読者をあっと騙してください

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

最近の記事

ブログ内検索

プロフィール

ときわ

Author:ときわ

カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。