B型的読書

書庫が欲しいこのごろです

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハリー・ポッターと賢者の石』

ハリー・ポッターと賢者の石 (1)ハリー・ポッターと賢者の石 (1)
(1999/12)
J.K. ローリング

商品詳細を見る



★★★★☆


ハイ、有名でも有名すぎる、ハリポタでございます。

読まず嫌いだったんですよね~
まず、翻訳物ってカタカナの名前がわずらわしいし、考え方は日本人と違うしであんまり読まないんですよね。児童書も読んだことないし。

しかも世界中の人が読んでるし、じゃあ私は読まなくていっか(笑)

なんて思ってましたが、私の超尊敬する読書家の友達が

「ハリポタを読まないなんて絶対そんしてる!」

なんて言ってたので、読んでみました。映画が先かな?


そしたら、面白かったです。
卒論そっちのけにするくらい

今までは魔法学校とか、ぜんぜん想像がつかなく、難しかったのでハリーがダドリーにいじめられる場面までしか見てませんでしたが、映画をちょもっと見てからだと、断然読みやすいです。

そもそも、妖怪とか、魔法の店とか、日本人にはあまり(というか私には)なじみがないので、想像しにくかったんだよね、トロールとか、フラッフィーって一体とんな造形?みたいな。


構想に5年かけてるだけあって、本当によくできると思います。
児童書とあなどっちゃいけない。伏線ばかりです。

イングリッシュジョークもピリリときいてます。
特にこの1巻は一番ギャグ要素が多くてスキかな。

「名前を言ってはいけないあの人」との戦いはまだほんの序章です。
はじまったばかりです。


スポンサーサイト

左サイドメニュー

最近の記事

ブログ内検索

プロフィール

ときわ

Author:ときわ

カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。