B型的読書

書庫が欲しいこのごろです

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「赤い鳥は館に帰る」 有栖川有栖

赤い鳥は館に帰る―有栖川有栖エッセイ集赤い鳥は館に帰る―有栖川有栖エッセイ集
(2003/03)
有栖川 有栖

商品詳細を見る


★★★☆☆


いや~久しぶりに森先生以外の本読んだ/(^o^)\

やっぱり、文章がこう…「文型」って感じがする。

そして、小説と大阪がとってもお好きなんだなあと感じる。
新聞に投稿した記事もあって、すごく真面目な意見も書いてらっしゃいます。

しかし、カーネスサンダース殺人事件…おもしろすぎ笑



でもね~チョット今読むには記事が古いかな(^ω^;)


世俗のことを全く書かない森先生の日記ばかり読んでたのでむしろこっちに違和感を持ってしまう(^ω^;)

森先生てけっこう毒舌なとこあるなあと思ってたけど、有栖川先生もなかなかにキワドイこと書いてらっしゃます

「もしも仕事がなくなって赤貧洗うがごとき暮らしになったとしても、本が好きやったら楽しく生きていけるね」と。ここまで解放された快楽が他にあるだろうか?






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

最近の記事

ブログ内検索

プロフィール

ときわ

Author:ときわ

カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。