B型的読書

書庫が欲しいこのごろです

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「残虐記」 桐野夏生

残虐記 (新潮文庫)残虐記 (新潮文庫)
(2007/07)
桐野 夏生

商品詳細を見る


★★☆☆☆


最近、桐野先生がマイブーム

おそらくこの作品は読了感は悪いだろうなあ、と読み進めましたが

まあ…良くはないね(笑)

でも、思ってたより残虐ではないかな。
実際にはもっともっとも~~っと残酷な監禁事件はあるわけですから

何が言いたいのかなあ…

と思いながらも桐野先生の文章が私にはとてもしっくり来て好きなのでいやな気分になりながらもさくさくさくと最後まで読んでしまう。それが桐野先生クオリティ

赤い背表紙がなんとも呪われそうで怖いぜ!

古本屋に沢山売ってるけど、やっぱりみんなもう一度読み返そうとは思わないのだろうか…




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

最近の記事

ブログ内検索

プロフィール

ときわ

Author:ときわ

カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。