B型的読書

書庫が欲しいこのごろです

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「タイム・リープ」 高畑京一郎

タイム・リープ―あしたはきのう (上) (電撃文庫 (0146))タイム・リープ―あしたはきのう (上) (電撃文庫 (0146))
(1997/01)
高畑 京一郎

商品詳細を見る


★★★★☆


あら!

久しぶりにライトノベル読んだ♪

最近粘度の高いものばかり読んでたので読みやすくて感動した。
そうだ、だからこれはライトなノベル。

タイムリープものっていうのは、タイムパラドクスをうまく説明できないとなのでなかなか難しいと思うのですがね。気にせずにさくさくと読み進めてしまいました。


たとえば、自分の生まれる前の時間に戻れるとする。
そして自分の親を殺すとする。
そしたら、自分はどうなってしまうのか?殺した瞬間に消えてしまうのか?

こういう考え方もある。親が死んでしまえば自分も生まれて来ない。
つまり親殺しをすることになる自分が存在しないことになるので親は殺されずに済む。
となると自分は存在することになってしまって過去に戻って殺人を…



わからん!!


堂々巡り。
つまり、過去に戻ることはできない、と。


いや、でも宇宙に存在するブラックホールの仲間のワームホールってのをくぐると過去に戻ることができるって聞いたことあります。でもその穴を通るときにすごいGがかかってつぶれちゃうんだとか。


まーそんなパラドクスは気にせずにこれを読んでみてください。
そんなことは気にならないので。

あ、あと男の子が私好みな設定っていうのも高感度高し。


いや~うまくできてるなああ。


きっと全員が読み終わったあと最初のページに戻るでしょう。



永遠に楽しめるよヒャッホイ





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

最近の記事

ブログ内検索

プロフィール

ときわ

Author:ときわ

カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。