B型的読書

書庫が欲しいこのごろです

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「人形館の殺人」 綾辻行人

人形館の殺人 (講談社文庫)人形館の殺人 (講談社文庫)
(1993/05)
綾辻 行人

商品詳細を見る


★★☆☆☆


うううううう~ん!(再び難しい顔)

「時計館」を読むためにがんばって読み進めてきたこの作品です、が…

序盤は良いです。暗いけどもしっとりと美しい京都(だっけ)が舞台で、これからなんかすごい和風なすごく歴史ある名家でそこにはずらあ~りと黒髪の日本人形がならんでいて、館の主人が人形狂で、でもその妻かなんかが「これらは呪いの人形なんです…」なんて言い出してそうこうしてるうち人形の呪いで殺人がああああああ!


なんてのを想像してわくわくしたんですが…

わくわく…したんですが…

したんですが…

フ…(涙)


というかまず作品の内容うんぬんかんぬんという前に綾辻先生の文章がわたしにどうも合いません。別に読みにくいとか下手とかはまったく思わないのですが、どうにも話の中に入っていけないんです。いまようやく「時計館」を読んでて、舞台も内容もけっこうわたしごのみで申し分ないんですがどうにも「本を読んでいる」感から抜け出せないのです。人がピンチになっても「フーン、そう…」で済ませられちゃう。これは最初の「十角館」から感じていたことですが、やはりそうみたいです。


文章が完璧すぎるのかな?
有栖川先生のとか、もうめっちゃ感情移入できるのに…なんでだろう。

しかし綾辻先生は人気作家でいらっしゃるので、やっぱり私にはあってないんですね。

ちなみに、恩田陸先生の文章も自分に合わない、ということが薄々わかってきました。
読みたいのに、読み進められないんです。どうにも、文章が情景として瞬時に変換されないんです。恩田先生の著書はたくさんあるし、友達もみんな恩田先生好きだし、本も面白ろそうなのでこれはとても残念です。慣れることとかはできるのかな。





ネタバレ!!




え~と、人形館は予想と期待に反して、洋風な館で、人形はマネキンでした(涙目)

そして、これは、ミステリ…ではないですね。

いや、わたしはそんなにミステリの中のミステリ、いわゆる完璧なトリックを持つミステリはあんまり求めない主義なので(トリックとかが曖昧で納得できないようなものでも楽しめれば気にしない)あれなんですが、これを読み終わったあと、なんともいえないいやーな気持ちになりました。それは事実です。なぜあれほど自分の気持ちが沈んだのかわかりません。主人公に原因があることは確かですが。

それでも星ひとつにしないのはやはり綾辻先生が偉大なる作家だからです。
有栖川先生も大好き、綾辻先生だからです。

要するにびびりなだけです。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ミステリート 八十神かおるの挑戦!

ミステリート 八十神かおるの挑戦!の最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「ミステリート 八十神かおるの挑戦!」へ!

左サイドメニュー

最近の記事

ブログ内検索

プロフィール

ときわ

Author:ときわ

カウンター

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。