B型的読書

書庫が欲しいこのごろです

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイの物語 山本弘

アイの物語 (角川文庫)アイの物語 (角川文庫)
(2009/03/25)
山本 弘

商品詳細を見る


★★★★☆

図書館にあったけど借りる時間なくてどうしても読みたくて買った。
きっと860円の価値はあるだろう、と踏んだ。

結果、その価値はあった。
でも、星よっつ。五つにはならなかった。

ロボットの話。森博嗣先生と舞台は似てるけどちょっと違う。
もっと森先生より素直で(笑)さわやかで(笑)理系要素があんまなくて、ちゃんとした健全な「物語」(笑)という印象。

そんじゃあなに、森先生はひねくれてて陰湿で理系要素がちがちで健全な物語じゃないってのか。と誤解を与えそうな書き方だ。…う~ん、まあそのとおりなんだけどね(ww)でも森先生のそんなところがすきなんです。たまらなく好きなんですわたしは

「おわあ…」と唸らせるような文章も時々ある。思わず付箋をはりながら読んだ。
でもちょっと、私には綺麗すぎるかな。

最後ロボット同士の会話がわけわからなかったww
あと「詩音」の物語にもタイプ的に読みたくない話。心が沈むから。
最後まで休まずに2日間で読んだけど、私の脳をかきみだすまでは至らなかった。

贅沢だけどもうちょっと、もうちょっと飲み込むのに力がいる内容が良い。ちょっとあっさり。
でも申し分ない物語だよ。現代のどんな作者さんにもこれ以上のクオリティを求めるのは難しい。
それもこれも森先生が素晴らしすぎるからだ。私は一生森先生の幻影を追い求めるのか。







自分の意思を持つということは、プログラムを超越した存在になるってことだ




私の記憶をすべてデータにしても1ギガバイトしかないのかorz
今使ってるsonyのウヲークマンは4ギガだから私の4倍も情報を蓄えてるってことなのか?
地味にへこむ。
私はウォークマン以下の情報しか持たないただの動く肉塊か

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

最近の記事

ブログ内検索

プロフィール

ときわ

Author:ときわ

カウンター

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。