B型的読書

書庫が欲しいこのごろです

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時刻表2万キロ 宮崎俊三

時刻表2万キロ (角川文庫 (5904))時刻表2万キロ (角川文庫 (5904))
(1984/11)
宮脇 俊三

商品詳細を見る


★★★★☆

酒井さんの著書でこの本を知りました。
タイトルからして非常に惹かれる。が。内容は、非常に難しい!です。

名だたる方たちが書評をしているように、この本は宮脇先生の代表ともいえる本かもしれませんが、いかんせん、難しいです。

まず、知らない線路ばかり。知らない土地ばかり。知らない駅名ばかり。聞いたことのない列車ばかり。日本にこんな沢山線路があったんだろうか。いや、もう今はもう大分廃線になっているのかも…間違いなく、夜行とか急行とかはほとんどが今はもうなくなってしまっているのではないでしょうか。悲しいことです。

私はこの本から読み始めていきなりつまづいてしまったので、まずは「鉄道旅行のたのしみ」とか「駅は見ている」とかの先生の比較的ライトな著書から読むことをおすすめします。中でも私が一番感銘を受けたのは「時刻表昭和史」という先生の著書です。魂の書です。それはまた次の機会に。
スポンサーサイト

左サイドメニュー

最近の記事

ブログ内検索

プロフィール

ときわ

Author:ときわ

カウンター

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。