B型的読書

書庫が欲しいこのごろです

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最長片道切符の旅 宮脇俊三

最長片道切符の旅 (新潮文庫)最長片道切符の旅 (新潮文庫)
(1983/04)
宮脇 俊三

商品詳細を見る


★★★★★

ううう、先生…(´;ω;`)ウッ…

壮大な旅だった…日本をものすごく遠回りしながら北海道から九州へ…

せっかくだから、持っている時刻表と照らし合わせて読んでいこうと思った。まず出発駅を探す。路線を探す。

…ない。ないよ、どこにもないよ先生!そこには北海道の輪郭があるのみ。
大判の時刻表で見てみた。

…バス路線になっている。

つまり

廃線

ということだ

北海道は特にどれもこれも廃線になったものばかり。とてつもなく悲しくなった。この本が出たのは私が生まれる前のことだ。私は宮脇先生に出会ってまだ1年しか経っていないというのに…

やはり、近畿・北陸までが面白い。それより西はあまり詳しくないから。
自分の利用したことのある線路を先生が通ると嬉しくなる。

この本はずっとずっとこの先何回も読み返すことになるだろう。

いつ廃線になっても後悔しないように、とりあえず乗らなきゃ。

山田線、只見線、小海線、高山本線、乗らなきゃ

と私は決意した。

タイムトラベルで過去に戻って、電車に乗りたい。

スポンサーサイト

左サイドメニュー

最近の記事

ブログ内検索

プロフィール

ときわ

Author:ときわ

カウンター

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。