B型的読書

書庫が欲しいこのごろです

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

果しなき流れの果に 小松左京

果しなき流れの果に (ハルキ文庫)果しなき流れの果に (ハルキ文庫)
(1997/12)
小松 左京

商品詳細を見る


★★☆☆☆

続きが気になってイッキに読んだ。

でも…意味がよくわかりませんでした。いや、全くわからない。
理解することができたならものすごい本なんだろうなあと想像はつくんだけど。

この人の文体、あんまり好みじゃないな…ちょっと読んでて疲れる文章。松本清張さんなんて全然疲れないけど。
人物にも全く感情移入できない。いや、「人間」を重視して書いてないからそうなるんだろうけど。
東野ケイゴさんにちょっと似てるかも。

ちなみに東野ケイゴさん、一時期はまって有名どころはだいたい買って読んだけど、一回も再読してません。ダンボールに入って押入れの中。まあ、私にとってはそういう本だったということだな。

この作者の本も、二度と読まないかもしれない。
スポンサーサイト

左サイドメニュー

最近の記事

ブログ内検索

プロフィール

ときわ

Author:ときわ

カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。